新効果バースト登場 TCGのバトルスピリッツ、その他趣味について語ります。とりあえず毎日更新をめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変なタイトルつけちゃいましたが、勘違いしないでくださいね

9月から新制限が出るという発表がありました

それについて僕なりの意見を言いたいと思います。

では続きより
僕が制限を期待するのは一枚だけです。

「牙皇ケルベロード」

みんなご存じ壊れカードですね。本当にただの壊れです。

バトスピのライフは5つですね。

昔(ブレイヴ環境以前)は、ライフで受けるというのはコアブーストでもあり、序盤にライフで受けると中盤の戦いがずいぶん楽になりました。コスト5とコスト6とコスト7のスピリットの性能はそれぞれ全く違います。それは皆さんご存じでしょう。そして何より、ダブルシンボルがほとんどいませんでした。トリプルシンボルなんて論外です。なので、ライフ5はちょうどいいレベルだったと言えるでしょう。

では、ブレイヴ登場以降ではどうでしょう?
コスト4ならダブルシンボルは当たり前。コスト3でもダブルシンボルに化けることもある。

これはもう違うゲームをしてるかのようなレベルです。というか、今のコスト5ぐらいのスピリットで、昔のコスト8程度のスペックを持ったスピリットなら十分います。

なので、昔のスピリットの採用率は異様に低いです。もちろん、ネクサスマジックは健在ですし、「マッハジー」などといった超基本カードは昔の方が優秀だったりもします。

でも、この程度の変化なら、「ゲーム性はある程度変わるものだ」という認識がしっかりあれば順応していくことも可能です。

そこで、問題の「牙皇ケルベロード」を見てみましょう。
コスト5以上のスピリットなら、無条件で4点以上の打点を与えることができます。

極端な話、後攻一ターン目で相手のライフを一点削り、その次の自分のターンで北斗ケルベを決めれば勝ちです。

その例なら、「北斗も悪いんじゃないか?」という人もいると思います。その通りです、アレもやばいですね。

ただ、あのカードの一番の問題は、地方では収集が困難なプロモカードということです。平等に行き渡らないのです。実際にその問題点は次弾の「星空の王者」に収録されることによって解決するかもしれません。ということは、多くのプレイヤーが北斗ケルベを平気でする時代になるのです。

その方がオソロシイのではないのでしょうか。北斗ケルベは本当に何色でもできます。黄色だって紫色だってしようと思えばなんの問題もなく可能です。むしろ打点を稼ぐという意味では悪くないのではないでしょうか。

それが、ケルベロードが制限になった場合を考えてみましょう。そうなると、それぞれ各色の特徴的なブレイヴを召喚することになります。その方が楽しいじゃないですか。

さらに言うとすれば、一枚制限では意味がありません。
むしろ一枚制限はさらに悪い状況を生み出しかねません。

つまり、ケルベ引いた者勝ちです。

一枚のケルベを引いた方が、相手を圧倒し、勝利にたどり着くことができるという最悪な環境になります。

なので、一枚はすごくまずいと思います。

ただ、バンダイさんの今までの傾向からすれば、一旦一枚制限のワンクッションを置いて様子を見てから、禁止に移行するパターンが非常に多いです。

それは仕方ないのかもしれないですが、いち早く禁止になることを願います。

これは各所で言われていますが、改めてぼやいてみました。

以上で
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
僕が制限を期待するのは一枚だけです。

「牙皇ケルベロード」

みんなご存じ壊れカードですね。本当にただの壊れです。

バトスピのライフは5つですね。

昔(ブレイヴ環境以前)は、ライフで受けるというのはコアブーストでもあり、序盤にライフで受けると中盤の戦いがずいぶん楽になりました。コスト5とコスト6とコスト7のスピリットの性能はそれぞれ全く違います。それは皆さんご存じでしょう。そして何より、ダブルシンボルがほとんどいませんでした。トリプルシンボルなんて論外です。なので、ライフ5はちょうどいいレベルだったと言えるでしょう。

では、ブレイヴ登場以降ではどうでしょう?
コスト4ならダブルシンボルは当たり前。コスト3でもダブルシンボルに化けることもある。

これはもう違うゲームをしてるかのようなレベルです。というか、今のコスト5ぐらいのスピリットで、昔のコスト8程度のスペックを持ったスピリットなら十分います。

なので、昔のスピリットの採用率は異様に低いです。もちろん、ネクサスマジックは健在ですし、「マッハジー」などといった超基本カードは昔の方が優秀だったりもします。

でも、この程度の変化なら、「ゲーム性はある程度変わるものだ」という認識がしっかりあれば順応していくことも可能です。

そこで、問題の「牙皇ケルベロード」を見てみましょう。
コスト5以上のスピリットなら、無条件で4点以上の打点を与えることができます。

極端な話、後攻一ターン目で相手のライフを一点削り、その次の自分のターンで北斗ケルベを決めれば勝ちです。

その例なら、「北斗も悪いんじゃないか?」という人もいると思います。その通りです、アレもやばいですね。

ただ、あのカードの一番の問題は、地方では収集が困難なプロモカードということです。平等に行き渡らないのです。実際にその問題点は次弾の「星空の王者」に収録されることによって解決するかもしれません。ということは、多くのプレイヤーが北斗ケルベを平気でする時代になるのです。

その方がオソロシイのではないのでしょうか。北斗ケルベは本当に何色でもできます。黄色だって紫色だってしようと思えばなんの問題もなく可能です。むしろ打点を稼ぐという意味では悪くないのではないでしょうか。

それが、ケルベロードが制限になった場合を考えてみましょう。そうなると、それぞれ各色の特徴的なブレイヴを召喚することになります。その方が楽しいじゃないですか。

さらに言うとすれば、一枚制限では意味がありません。
むしろ一枚制限はさらに悪い状況を生み出しかねません。

つまり、ケルベ引いた者勝ちです。

一枚のケルベを引いた方が、相手を圧倒し、勝利にたどり着くことができるという最悪な環境になります。

なので、一枚はすごくまずいと思います。

ただ、バンダイさんの今までの傾向からすれば、一旦一枚制限のワンクッションを置いて様子を見てから、禁止に移行するパターンが非常に多いです。

それは仕方ないのかもしれないですが、いち早く禁止になることを願います。

これは各所で言われていますが、改めてぼやいてみました。

以上で
スポンサーサイト

【2011/06/27 18:30】 | マジメ記事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。