新効果バースト登場 TCGのバトルスピリッツ、その他趣味について語ります。とりあえず毎日更新をめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトスピのSBに出る者にとって夢の存在である“裏エックスレア”

裏エックスがどんなに弱くても、優勝するととてもうれしいものですよね。

今日は、皆さんご存じとは知りながら、裏エックスレアの出てくる法則についてお話しします。

では続きより
まず、すべては獅龍皇レオン・ハウルから始まりました。元々は第一弾のXレアになる予定であったこのカード、優勝者限定のカードとあって、かなり人気がありました。

そこから、極甲王グラン・トルタス→獣槍王ギガ・ガルレイヴ→魔神王エル・ブラド→翼神皇グリフィ・オール→異海王ダ・ゴンと移ってきました。

そして、第七番目の驚異の裏エックスレア“凶龍爆神ガンディノス”

このカードは、「その月の初めに優勝した人が、その次の週でガンディノスのデッキを使用し、また優勝する」といった悪循環を生み出しました。

今日は、そのガンディノス以降の裏エックスの法則についてお話しします。実はこの法則では、ギラファランドウが出た時点で、冥府魔神オブシディオンの効果までもがある程度は予測できました。そしていままですべて当たってるので、もう確実な法則だと思います。しかし、もうすでに知ってるぜ!!というかたにとっては、全くもって意味のない記事ですね、はい。

ところで、ガンディノスと言えば【強襲】です。
ギラファ・ランドウと言えば【氷壁】です。
・・・といったように、ガンディノス以降の裏エックスレアには、それぞれの持つ色とは異なった属性専用効果を持っています。

では、その属性専用効果の各色二番目の効果の出た順番を出してみましょう。

1:激突
2:暴風
3:強襲
4:聖命
5:氷壁
6:不死

です。ちなみに裏エックスレアは、

1:ガンディノス(強襲)
2:ギラファ・ランドウ(氷壁)
3:ガルード(暴風)
4:ジェラルディー(不死)
5:グロリアス・ソリュート(聖命)
6:オブシディオン(??)

です。ついでにいうとオブシディオンが激突を持っているだろうと言うことは安易に想像できますね。超覚醒かもしれませんが・・・

では、初めの6つの属性専用効果と、後の裏エックスレアにはどんな関連性があるのでしょうか?


・・・もうわかりましたか?

そうですね、色が同じですね。例えば、一番目に出た属性専用効果は赤の【激突】、そしてあのサイクルの中で一番目に出た裏エックスレアは赤のガンディノスですね。そのしたもずっと同じです。つまり、これが法則。

「友好色」というのをご存じでしょうか?友好色とは、ある属性と相性のいい属性のことをさします。
これをすべてあげると、

赤属性 なら 紫属性と青属性
白属性 なら 黄属性と緑属性
緑属性 なら 白属性と青属性
紫属性 なら 赤属性と黄属性
黄属性 なら 白属性と紫属性
青属性 なら 赤属性と緑属性

です。先ほどの裏エックスレアの法則の、ガンディノスには強襲、ギラファには氷壁・・・といった結びつきはこれからみちびきだしたものです。

そして、逆に「敵対色」というのもあります。お互いがメタカードを出し合っている組み合わせです。
これは、

赤属性 と 白属性
緑属性 と 紫属性
黄属性 と 青属性

の三つの組み合わせしかないです。メタカードの例は、

ルビーの太陽 vs ダイヤモンドの月
朝焼け峠 vs蠢く地下墓地
鳳翼の聖剣vs力奪う凱旋門

などですね。
敵対だからといって、相性が悪いわけではありません。逆に強い結びつきを見せることも多々あります。

ブースタードラフトの大会優勝賞品として、「伝説龍エンシェントヴルム」と言うスピリットがいます。
このスピリットは、赤と白の混色スピリットで、両方の軽減も持っています。
そしてこれから7月・8月とブースタードラフトは継続されます。ここからは憶測になりますが、そのうち、エンシェントと同じように、緑と紫の混色裏エックスや、青と黄色の混色裏エックスが登場するのかもしれないなと思います。もしかしたら八月までずっとエンシェントなのかもしれないですけどね。

「超皇帝ジークペンタン・ノヴァ」についてはよくわからないです。カードナンバー的には、1000円キャンペーンで配られるエックスレアみたいなんですけどね・・・

以上、ちょっと頑張ったけどどうでもいい記事でした
スポンサーサイト


続きを閉じる▲
まず、すべては獅龍皇レオン・ハウルから始まりました。元々は第一弾のXレアになる予定であったこのカード、優勝者限定のカードとあって、かなり人気がありました。

そこから、極甲王グラン・トルタス→獣槍王ギガ・ガルレイヴ→魔神王エル・ブラド→翼神皇グリフィ・オール→異海王ダ・ゴンと移ってきました。

そして、第七番目の驚異の裏エックスレア“凶龍爆神ガンディノス”

このカードは、「その月の初めに優勝した人が、その次の週でガンディノスのデッキを使用し、また優勝する」といった悪循環を生み出しました。

今日は、そのガンディノス以降の裏エックスの法則についてお話しします。実はこの法則では、ギラファランドウが出た時点で、冥府魔神オブシディオンの効果までもがある程度は予測できました。そしていままですべて当たってるので、もう確実な法則だと思います。しかし、もうすでに知ってるぜ!!というかたにとっては、全くもって意味のない記事ですね、はい。

ところで、ガンディノスと言えば【強襲】です。
ギラファ・ランドウと言えば【氷壁】です。
・・・といったように、ガンディノス以降の裏エックスレアには、それぞれの持つ色とは異なった属性専用効果を持っています。

では、その属性専用効果の各色二番目の効果の出た順番を出してみましょう。

1:激突
2:暴風
3:強襲
4:聖命
5:氷壁
6:不死

です。ちなみに裏エックスレアは、

1:ガンディノス(強襲)
2:ギラファ・ランドウ(氷壁)
3:ガルード(暴風)
4:ジェラルディー(不死)
5:グロリアス・ソリュート(聖命)
6:オブシディオン(??)

です。ついでにいうとオブシディオンが激突を持っているだろうと言うことは安易に想像できますね。超覚醒かもしれませんが・・・

では、初めの6つの属性専用効果と、後の裏エックスレアにはどんな関連性があるのでしょうか?


・・・もうわかりましたか?

そうですね、色が同じですね。例えば、一番目に出た属性専用効果は赤の【激突】、そしてあのサイクルの中で一番目に出た裏エックスレアは赤のガンディノスですね。そのしたもずっと同じです。つまり、これが法則。

「友好色」というのをご存じでしょうか?友好色とは、ある属性と相性のいい属性のことをさします。
これをすべてあげると、

赤属性 なら 紫属性と青属性
白属性 なら 黄属性と緑属性
緑属性 なら 白属性と青属性
紫属性 なら 赤属性と黄属性
黄属性 なら 白属性と紫属性
青属性 なら 赤属性と緑属性

です。先ほどの裏エックスレアの法則の、ガンディノスには強襲、ギラファには氷壁・・・といった結びつきはこれからみちびきだしたものです。

そして、逆に「敵対色」というのもあります。お互いがメタカードを出し合っている組み合わせです。
これは、

赤属性 と 白属性
緑属性 と 紫属性
黄属性 と 青属性

の三つの組み合わせしかないです。メタカードの例は、

ルビーの太陽 vs ダイヤモンドの月
朝焼け峠 vs蠢く地下墓地
鳳翼の聖剣vs力奪う凱旋門

などですね。
敵対だからといって、相性が悪いわけではありません。逆に強い結びつきを見せることも多々あります。

ブースタードラフトの大会優勝賞品として、「伝説龍エンシェントヴルム」と言うスピリットがいます。
このスピリットは、赤と白の混色スピリットで、両方の軽減も持っています。
そしてこれから7月・8月とブースタードラフトは継続されます。ここからは憶測になりますが、そのうち、エンシェントと同じように、緑と紫の混色裏エックスや、青と黄色の混色裏エックスが登場するのかもしれないなと思います。もしかしたら八月までずっとエンシェントなのかもしれないですけどね。

「超皇帝ジークペンタン・ノヴァ」についてはよくわからないです。カードナンバー的には、1000円キャンペーンで配られるエックスレアみたいなんですけどね・・・

以上、ちょっと頑張ったけどどうでもいい記事でした
スポンサーサイト

【2011/06/23 23:25】 | 雑談
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。