新効果バースト登場 TCGのバトルスピリッツ、その他趣味について語ります。とりあえず毎日更新をめざします。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違っても終了のお知らせではありませんよ

ただね、終わんないんですよ。「夏期休暇課題」ががが
あと三日しかないんだけどね、死んでるんでごわす。
誠に勝手ながら、更新やすみます。9月5日頃から再開とゆーことで

もう一度言いますが、“一時中断”するだけなので、今後ともよろしくで~す
スポンサーサイト

【2011/08/28 23:55】 | 雑談
トラックバック(0) |
とりあえず毎日更新してみる。しかし何も書きません

毎日更新しようとするその気持ちが大事なんだよ( ̄△ ̄)

【2011/08/26 23:38】 | 雑談
トラックバック(0) |
ロードドラゴンの効果ががとうとう判明しましたね

考察しまっす

続きより
英雄龍ロードドラゴン 
スピリット
6(3)/赤/覇皇・戦竜
〈1〉4000 〈3〉6000 〈5〉9000
【バースト/自分のライフ減少時】
このスピリットカードを召喚する
Lv1・Lv2・Lv3「自分のバースト発動後」
発動したカードがコスト5以下のとき、BP9000以下の相手のスピリット一体を破壊する。
Lv2・Lv3「このスピリットのバトル時」
バトル終了時、自分のバースト1つを破棄することで、このスピリットを回復させる。


どうでもいいですが、Wikiになかったので久々にカードテキスト自力で書いてみました。

個人的には使えるんじゃないかと。バーストも発動しやすいです。ただ、昨日の武威煌炎刃のときに言いましたが、相手依存の発動条件なので、相手からすると「もしあのバーストがロードドラゴンだとしても大丈夫」というタイミングでしかアタックしないことも可能です。終盤まで粘れるコントロール系のデッキだと、ロードドラゴンに焼き尽くされないように場を整えるまでアタックしない戦法もありかもしれません。まあ他のバースト持ちカードにもよるんですけどね。

レベル1からの効果は、本当に次の構築以降のバーストカード次第としか言いようが無いです。自発的に発動できるバーストが出れば使えると思います。

ただし、最大の弱点はそのBPです。太陽竜ジークアポロドラゴンの評価が伸びなかったのもそれが原因でした。レベル2・3の効果とかみ合ってなさ過ぎです。ってか3個載せてもアンフィスバエナーの餌食とかさすがに弱すぎる。まあアンフィスバエナーはこれからは消えていくのかも知れませんけどね。

新しい系統「覇皇」「戦竜」←“いくさりゅう”と読みますを持ってるので、これらの系統がどの程度強化されるか次第でどんどん評価は上がっていくものと思われます。星座編での星魂がそうでしたもんね

まだまだ何とも言えませんが、一度は使ってみないとね!!


続きを閉じる▲

【2011/08/24 22:10】 | カード考察
トラックバック(0) |
久々にマジメな更新です。

バースト発売しましたね、バーストが

続きより考察的なもの
武威煌炎刃/Victory Burst
マジック
3(2)/赤
【バースト:自分のライフ減少後】
BP3000以下の相手のスピリット2体を破壊する。
その後コストを支払うことで、このカードのフラッシュ効果を発揮する。
フラッシュ:
相手のネクサス1つを破壊する。


バトスピWikiからのコピペ
Vジャンプ10月号付録になった、史上初初のバースト持ちカード。ケロAの時代は終わったんですねわかります。

性能ははっきり言って微妙。そもそも発動条件がライフ減少時。つまり相手がアタックしてこないと発動しないんです(多少例外あり)。なので、相手は、全員4000以上にあげてからアタックすればいいだけの話。これが5000以下とか6000以下とかになってくると話は変わりますが、3000じゃあねぇ・・・

ネクサス破壊だけでみるとバスターランスの互換。やはりドローは偉大ですけどね
バーストしても使わずに終わるのがほとんど
2コストビートに刺さるというのはあるかも知れませんが、それを考えても3積みするカードじゃないので、どのみち2コスと当たっても引けないというジレンマに・・・

まあバーストの効果を覚えるにはいいカードなんじゃないでしょうか

今日は以上で


・・・なんでカード名を「武威煌炎刃」にしたんですかね?英語名そのままの「ヴィクトリー・バースト」でいいのに


続きを閉じる▲

【2011/08/24 00:42】 | マジメ記事
トラックバック(0) |
旅行とかでバタバタしてて更新してませんでした。というよりすっかり忘れてて・・・

申し訳ないです。

明日の晩更新します


バーーーースト

【2011/08/22 16:33】 | 雑談
トラックバック(0) |
ネット接続のケーブルが抜けてて記事保存できませんでした。死


あの記事は二度は書けそうにないのでとりあえず明日にまわします

【2011/08/14 23:31】 | 雑談
トラックバック(0) |
一昨日の続きです

続きより
今日は、ある程度の速度で決着することを目的としたデッキの解説をします

今環境にあるデッキの多くはこれに属し、好成績を残しています

昔は低速の代表だった白も、マネキキャットの登場により、中速気味に動くことが可能になりました。

具体的に何をするデッキなのかというのはそれぞれ異なりますが、攻めに重点を置いたデッキだという部分では速攻と変わりません。ただ、速攻とはなにが違うのかと言われれば、早期の決着を目指さなくても無理ゲーになることが少なく、各種メタカードを組み合わせながら柔軟な動きをすることが出来ます。言ってみれば初手次第で全く違う動きをすることも少なくない、ということです

あまりいい例えでは無いですが木星北斗を例えに見てみましょう
このデッキのコンセプトはもちろん序盤の優秀なコアブ要員から繋げるノブナガードゼウシスor北斗アポロドラゴン(緑)による、ケルベロードやシユウを初めとするブレイヴカードの大量展開。そして比較的低コストな緑マジックをふんだんに使い攻守ともに充実し、フィニッシャーとして優秀なキャンサードをも抱えるデッキです。しかしこのデッキにも手札事故はあります。もし、序盤のコアブ要員として入っているダンデラビット・ゴクラクチョーや後半でのせめぎ合いに競り勝つためのムシャツバメ・くノ一ジョロウなどを手札にたくさん握っていたとしましょう。
ここで常識的に考えて、この後のドローだけでノブナガor北斗+適切なブレイヴカードを引いてこれるなんてあり得ません。ましてそれに期待するなんてもってのほか。普通に考えると低コストのスピリットで一気にライフを削りに行きます。これはきっと皆さん経験したことがあるでしょう。しかしこの低コストでビーとしてくるパターンも、うっかり相手のデルタバリアなどをくぐり抜けて勝っちゃうなんてこともよくある話。

やはりいい例えでは無かったですが、中速デッキは対速攻にも対低速にもある程度対応出来る柔軟性と、いざというときに決めきる決定力を持ち合わせていることがわかると思います。

自分のデッキはどんな勝ち方ができるのか?それを念頭に置きながらの構築が出来るようになれたらいいですね。

ではではノシ


続きを閉じる▲

【2011/08/13 23:04】 | マジメ記事
トラックバック(0) |
今日はいろいろと問題があるので更新するのがやっと。昨日言ってた記事は明日に回します

【2011/08/12 23:37】 | 雑談
トラックバック(0) |
カードバトラーにとってプレイングの次に大切なのはやはりデッキ構築でしょう。

今日はそれについてコツというわけじゃないですが自分流の考えを言いたいと思います

では続きより
まず、デッキタイプによって構築は大きく変わります。

全部書き出して説明するとかなり長くなるので、代表して3種類のタイプについて三日かけて説明したいと思います。


では今日は速攻デッキについて
○速攻デッキ
たとえで言うと赤速攻・紫速攻・緑速攻・白速攻・コスト2デッキなどです(白速攻は少し違うけど一応)

この手のデッキの構築は、基本的に4コスト以下のスピリットで出来ていると思います。ブレイヴは0~6枚程度。ネクサスは無しでマジックは最低限度しか積みまないのがいいという風に考えています(6枚ぐらい?)

相手の場が整わない早い段階での決着を目的としているため、一ターンでたくさん展開する必要があります。ライフを攻めに行って、打点優先で展開していきます。かといってカードアドバンテージは考えなくてもいいなんてことは無いく、それぞれのデッキにカードアドを取り返すカードがあると思います。赤速攻ならダブルドローやエクストラドロー、2コスはハイドランディアとありますが、もっとも効率よくドローを確保出来るのが紫速攻です。召喚時ドローやアタック時ドローによって、“ついでに”ドローを積み重ねていけるからでしょう。

しかし、こういった速攻デッキは、構築にもよりますが赤コンに勝つことはよほど相手が事故らない限り不可能です。焼きが回り出すとかなり厳しいかと。しかし、もちろん赤コンであっても焼きがないデッキもあれば、焼きカードを引かないことだってあります。つまり初手含め序盤の引きが勝敗を分けるといっても過言では無いのでは無いでしょうか。

引き次第とか無責任なことを言いましたが、その初手の引きというのはもちろん構築によって修正できます。まあその方法は明日。

そしてその引き勝負に速攻デッキが競り勝つことが多いのにも理由があります。それは、デッキのカードの種類を減らすことです。バトスピのデッキは40枚デッキです。だから普通に考えると最低でも14種類の役割をするカードがある計算になります。しかし、速攻デッキは違います。2コスデッキ(以前記事はコチラ)を例えに見てみますと、カードの種類は14種類ですが、キカザールとクレイオは同じ働きをします。それ以外も少しずつ効果は違うものの、大体の用途は変わりません。こうすることによって引く確率を高めているのです。

まあ大体こんな感じですね、では以上で


続きを閉じる▲

【2011/08/11 23:18】 | マジメ記事
トラックバック(0) |
ブードラの優勝賞品に追加された、リリアの小説はなかなか面白いですね。イラストの原画だからカードじゃ見られない背景の部分まで写っててグッド!!

ただちょっと内容が薄い気がします。期待していただけにね

知らない人も多いかと思いますので一応言っておきますが、ただカードのイラストがずらりとならんでて、その下にカードにも記載されているフレーバーテキストが書いてあるってだけです。そして最後にちょこっと文章が追加されてるぐらい。まあ優勝できなくても優勝した人に見せてもらえばもうおなかいっぱい。

正直な感想としてはその程度かな?ってことで今日は以上で

【2011/08/10 23:54】 | マジメ記事
トラックバック(0) |


公式大会いいですねー笑

こっちは1時間車で移動しないと大会出れない上に回数が少なくて…笑

三回出てガルード二枚とジェラルディー一枚取ってきたくらいで…;


ベルゼの相棒
>弾さん
コメントありがとうございます。

やはりバトスピは都市でしか流行ってないらしいですね。都市部での人気はなかなかだと思うんですがね

コメントを閉じる▲
拍手くれたらうれしいとか素直に書いてみたら拍手増えたわwwwマジ感謝です

今日も勢いでデッキレシピを載せます。はっきり言って参考にはなり難いので要注意です

では続きより
「光導どや」
光龍騎神サジットアポロドラゴン 3
金牛龍神ドラゴニックタウラス 3
天秤造神リブラ・ゴレム 1
天蠍神騎スコル・スピア 3
ユニゴーント 3
エルギニアス 3

トレス・ベルーガ 2
フェニック・ソード 2
リボルアームズ 3
バルカンアームズ 3

光り輝く大銀河 3
未完成の古代戦艦:羅針盤 3
未完成の古代戦艦:船尾 2

サジッタフレイム 3
デルタバリア 3


ただのネタデッキですね、はい。
ポイントとしては、ユニゴーントで序盤をやり過ごして、中盤から大銀河でどんどん光導を出していきましょう。
大銀河は序盤に貼ると割られるのでタイミングが重要。先に船尾を貼っておくと良しです。

とどめ手段としては、牛が主でしょう。サジットやフェニソで指定アタックを与えて、スコルスピアで光導と化したブレイヴを引き連れて5点ふっとばすのが理想的かと。

弱点はコアが無いことです、リボルちゃんに仕事してもらいましょう。リボルアームズは、サジットでパワーカードとともにダブルブレイヴして、相手のマジック封じとして活躍します。もちろんリブラとの相性も良好。

トレスベルーガはネタですね。気まぐれでやってみるとたまに成功する程度なので普段は6000の壁として立てておきます。けどはやりBP+6000で効果でさらに+6000はさすがに魅力的。サジットレベル3に二枚ブレイヴして12枚破棄するとBP37000です。合体したガイアスラすら及ばない(無限BPは勘弁して下さい)

赤と青の軽減がうまく回れば意外と回転は早いです。羅針盤船尾超安定www

ブレイヴの種類、枚数はお好みで変えてもらったらおkです。特にベルーガ


じゃあ今日はここまでで。また明日ノシ


続きを閉じる▲

【2011/08/10 00:46】 | デッキ紹介
トラックバック(0) |


初コメントです^^

いつもブログ更新楽しみにしてます!

実はデッキレシピなど参考にさせていただいてます笑

これからも頑張ってください^^

応援してますヽ(・∀・)ノ


ベルゼの相棒
>弾さん
応援ありがとうございますっ!!!これからも頑張っていくのでまだまだ応援お願いしますデッキレシピは真似しないほうがいいかもしれないですけどwww

コメントを閉じる▲
自分ががんばって書いた記事にコメントor拍手が付いてると果てしなくうれしい。ありがとうございます。

さて、今日もデッキレシピを載せたいと思います。今日はかなりのネタデッキです。

楽しくてまあまあ強いデッキなので、どんどんコピっちゃってください。

では続きから
「伝説の海賊王!!!」
海賊王レヴィアダン 2
麒麟星獣リーン 3
天使クレイオ 3
猫娘アニー 3
キカザール 3
ミザール 3
奇獣プーシャン 3

ハイドランディア3
聖鎧獣アメミード 2

祝福されし大聖堂 3
夢中漂う桃源郷 3
黄金の鐘楼 2

ウィッグバインド 3
ウィリアンスラッシュ 2
メロディアスハープ 2


2コストビートに見せかけたレヴィアダンデッキです。すごく面白いデッキだと思います。

見てわかった方もいると思いますが、このデッキは無限アタックに無限ドロー&コアが出来ます。その方法を今から説明します。序盤は桃源郷ドローでデッキをどんどん掘っていき、ある程度コアと手札がそろったらコンボ移行という形で。

1:場に麒麟星獣リーン2体(仮にA・Bとする)とアメミード合体レヴィアダン(ハイドランディア合体で6コア乗せても可)がいる
2:まず、メインでウィリアンスラッシュもしくはウィッグバインドを使用し、相手のマジックを封じます。
3:レヴィアダンでアタックし、バトル終了時にリーンAを破壊対象に指定し、レヴィアダンは回復します。さらにリーンAの破壊時効果により、リーンBを疲労状態にすることでリーンAは回復状態で場に戻ります。
4:もう一度レヴィアダンでアタックします。そこでのバトル終了時には、先ほどリーンAを場に残すために疲労状態になったリーンBを指定し、レヴィアダンは回復。そこでもリーンBの効果が発動し、リーンAを疲労させてリーンBは回復状態になります。

この3と4を繰り返すと無限アタックです。リーンはどんどん死んでいくので祝福されし大聖堂があれば無限コア&ドローです。デッキがなくなることもあるので要注意です。さらに言うと、リーンが破壊されるときに、リーンの場に戻る効果を先に使用してしまった場合、大聖堂のコア&ドローは発動しません。しかしターンプレイヤーは自分なので先に大聖堂効果を発動出来ます。少々ハイレベルですが公式Q&Aにも載ってることなので一応。

ウィリアンスラッシュを入れてるのは単純にコストの軽さからですが、レヴィアダンより高いBPを作られると超えられません。なのでコアがあればウィッグバインドで。唯一の弱点であるウィッグ返しを喰らわない(レヴィアダンの効果で全員バニラスピリットなので)ので、確実に仕留められます。

あと、レヴィアダンやアメミードは破壊されたら回収する手段が無いのでキメに入るターンに出さないといけません。プーシャンの青軽減をうまく活かせると良し。

コンボデッキなので無理ゲーは結構あります。それでも成功率はなかなか良し

では12時になったのでここまで


続きを閉じる▲

【2011/08/09 00:00】 | デッキ紹介
トラックバック(0) |
昨日言ったとおり、新弾でのブースタードラフトについて書きます

では続きよりどうぞ
まず、星空の王者は他の弾と違い全パックにキラカードが入っています。

そこで一つ言いたいのが「そのレアカード、本当に必要!?」ということです。

具体的な例でいうと、ノーグデンスなどですね。たとえマスターレアであっても、手札で腐るようなカードを入れる必要が果たして本当にあるのでしょうか?

もしノーグデンスをどうしても持って帰りたいんだという場合は、40枚に一枚という確率に期待してピックするのもありかもしれません。そうでないならば回した方がいいと思います。

たとえがノーグデンスだったから皆さん同意を得られたでしょうが、コモンアンコモンにもたくさん優秀なカードはあります。それがレアカードを上回るときも・・・とかんがえると、普段はスルーしている一枚目から六枚目もじっくりゆっくり検討したほうがいいでしょうね。

そして、これは僕の個人的なポイントなのですが、ブレイヴはとれるかぎりとるというのも結構重要です。

例えば、モクバオーがパックから出てきたとしましょう。ブードラと言うことを考えると、神速なんてそうそういませんから、ほぼ効果なし扱いでもいいでしょう。しかし、こんなブレイヴカードでも、あるのと無いのとでは全く違います。(以下ダラダラと続くので注意)まず、3コストに合体できることから、コスト・BPを増加させ、シャンターグやその他諸々の除去を受けなくなります。さらにBPが上がると競り合いに負けなくなります。ブードラは一枚のカードパワーだけで押し切ってしまうことが出来るゲームなので、「虹竜アウローリア」なんかに付いた日には即無理ゲーですwww

僕は、一パック回る間に、最低でも二枚のブレイヴカードをとるようにしています。さらにいうと、経験上残り4枚以下の状況でブレイヴカードが残ってることはほぼ無いので、それも計算に含めるといいと思います。


まあ言いたいのは大体そんな感じなんですが、最後に「これは強かった」と言うのを列挙します
ホークブレイカー
虹竜アウローリア
シユウ(当たり前ですよねすみません
ブリーズライト
戴冠する活火山
星宿の障壁
巨人勇者ペルセウス←引けるわけ無い


今日は以上で


続きを閉じる▲

【2011/08/07 23:48】 | マジメ記事
トラックバック(0) |
↑のタイトルどおりのことを書きたいんですが今日はちょっと疲れがひどいのでもう寝ます

ずっと祖父母の家にお泊まりしてて、今帰りました。長かったです。


新弾でのブースタードラフトについては明日書きたいと思います。



ではでは

【2011/08/06 23:45】 | 雑談
トラックバック(0) |
第7回目のデッキ紹介。今日は、今弾で大進化を遂げた2コストビートを紹介します。

では続きより
神・2コストビート

麒麟星獣リーン 3
天使クレイオ 3
ミノガメン 3
シーサーズ 3
キカザール 3
猫娘アニー 3
ミザール 3
奇獣プーシャン 3

ハイドランディア 3

夢中漂う桃源郷 3
星空の冠 3
黄金の鐘楼 1

ウィッグバインド 3
ローヤルポーション 3


どこにでも転がってる一般的?な2コス。糞構築だったらすみません。
大部分がありきたりなチョイスですが、桃源郷ドローのためにプーシャンを入れてるのが吉と出るか凶と出るか。大人しく森の妖精さんでも積んだ方がいいのかも。

回し方とか今更過ぎて書けないっす。でも知らない人のために一応
1:ネクサスを貼って2コスを並べます。ここの時点で破壊を恐れてはいけません。クレイオキカザールいるならむしろ破壊されるべき
2:手数が少なくなってきたら、ハイドランディアで爆アドバンテージゲット!!。
3:場が整ってきたらローヤルポーションを使って攻め込みましょう。ウィッグがあるとなおよし。
注意点として、時間がかかりすぎると無理ゲーになりやすいです。かといって攻めすぎるとケルベで返り討ちに・・・
ほどほどのスピードで(?

ミノガメンはかなり強い。というかミノガメンを考えるとプーシャンは無いかなとか思えてくる。ってかそこまでミノガメンにこだわる必要もないんだけどね

では今日は以上で。ご笑覧ありがとうございました


続きを閉じる▲

【2011/08/02 23:22】 | デッキ紹介
トラックバック(0) |
昨日更新してないじゃん!!!とお怒りのそこのあなた・・・

本当にすみませんでしたっ

とは言ったものの、実は昨日もちゃんと記事書いたんですよね。何故か書いた記事が消えていました。「記事を保存」っての押したあと、ちゃんとブログに反映されてるか確認しなかったので気づきませんでした・・・

昨日は約束通り真面目に書いたのですが、まあ証拠も何一つありませんし、また書くのも面倒ですから、昨日の内容はまた思い出したときにでも書きます。

では今日は8月以降のSBについてちょっと書きます

では続きより
まず、皆さんが楽しみにしてるのは、「狙え!!ダブルエックスレア大会」でしょうか

ガンディ、ギラファ、ガルード、ジェラルディー、ソリュート

の5種類。悪くは無いけどさほどうれしくもない顔ぶれ。と言うのが個人的な感情。ガンディギラファはもちろん強いですが、もうすでに集めた方も多いでしょうし、今更感がハンパないです。まあ新規プロモ5種とかよりはいいんですけどね

上位3名なので、トーナメント戦の場合でも、一回戦負けでも準決勝負けでも同じ扱いだったこれまでに比べて、上位プレイヤーが楽しいSBになるかと。いっつもいいところまで行って優勝にギリギリ届かないような人が報われます←俺得


次に、「スペシャルじゃないスペシャルブースタードラフト大会」です。

何が変わったって?優勝賞品だけじゃん。あと店によっては星座編以外のパックでやるところもあったらしいですが、それが出来ないみたい。星座編限定だってよ~

優勝賞品に追加された、「星文学者リリア八十八星夜話」ですが、ただのカードイラスト集です。でっかいアルゴゴレムとか載ってるだけ。まあ欲しい人には欲しいんだろうけど、僕は別に・・・

それより、あのいらなくていらなくて仕方なかった遊び方マニュアルが、全員に無理矢理押しつけられます。やめて欲しいわ。即ゴミ箱いくんですよねわかります。


以上、みんな頑張りましょう


続きを閉じる▲

【2011/08/01 23:18】 | マジメ記事
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。